飲食店の店長の仕事は大変な反面やりがいもある

飲食店の店長の仕事とは?

飲食店の店長の仕事といってもピンとこないかもしれませんが、ようするにお店を現場で仕切る経営者が店長だと考えるといいでしょう。オーナーは別にいるケースが多いですが、現場は店長に任せるというのがほとんどでしょうから、日々の材料仕入れから料理、接客、精算等のすべてのプロセスの責任者は店長でしょう。アルバイトの採用決定やシフト調整等も重要の仕事の一つですし、顧客満足度を高めるべく、料理のレベルの維持やサービスレベル向上も大切な仕事になるはずです。

飲食店の店長が気にしていることとは?

飲食店の店長になるとさまざまなマネジメントをする必要が出てきますが、中でもリスク管理は重要な仕事です。問題が発生してそれが拡大すると店の存亡にもかかわりますので常に気を張っている必要があるでしょう。飲食店ですから食中毒等、提供している料理にまつわる問題を起こさないようにするのは当然ですが、それ以外にも、お客さん同士のトラブル、お客さんからのクレーム対応、さらにはお店の資金繰り等、リスクの具体例を挙げればきりがありません。これらすべてに対してリスクを低減し、発生した場合は対処することは店長の仕事の一つといえるでしょう。

飲食店の店長のやりがいとは?

店長の仕事をならべていくと、大変な仕事という印象しか残らないかもしれません。実際に大変な仕事であることは間違いないでしょうが、それでも店長だからこそ感じられるやりがいというものも存在するはずです。例えば、自分達の地道な努力がお客さんに伝わってじわじわと常連客が増えてきたり、雑誌等で取り上げられて注目されたりすれば店長としてもうれしく感じるでしょう。しかし、本当にやりがいを感じるのは、お客さんが「おいしかった」といって満足そうな顔で帰っていくのを目にする時なのかもしれません。

やむをえず飲食店の経営を辞める時はお店をたたむのではなく飲食店の譲渡というのも一つの方法です。これをすると閉店の手間が省くことができますが権利の譲渡などはしっかりしなくてはなりません。